HOME > 製品紹介 > ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイをデジタルサイネージとして利用しませんか?

スーパーやドラッグストアなどで、ディスプレイに流れる映像に目を奪われたことはありませんか?ディスプレイに映像や情報を表示する仕組みを「デジタルサイネージ(電子看板)」と呼び、新しいコミュニケーションの手法として注目されています。


デジタルサイネージは、既存のポスターや看板と比べ、豊かな映像表現が実現でき、高い訴求力を持ちます。


さらに時間・場所にあわせてコンテンツが表示できるため、ターゲットを絞り込み、情報を伝えることが可能です。

 
 

デジタルサイネージの特徴

豊かな映像と音の表現
豊かな映像と音の表現   デジタルサイネージは、映像と音でメッセージを伝えるリッチメディア。紙媒体がいままで到達できなかった訴求力を持っています。
 
時間・場所にあわせたコンテンツ
時間・場所にあわせたコンテンツ   時間や場所によって流すコンテンツを変えられます。たとえば、「夕食前のスーパーに、おいしそうな食事の映像を流す」ことが可能です。
 
 
紙を使わない、エコ
紙を使わない、エコ   紙の販促物は、作るたび環境に負荷をかけてしまいます。対して、デジタルサイネージは、使用時の電力のみ。トータルで考えるとエコです。
 
設置場所自体のブランディング
設置場所自体のブランディング   店舗自体の演出に利用することができます。販売促進にとどまらず、店舗のブランディング効果も期待できます。
 
 

設置場所のご提案

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストラン、百貨店、美容室、病院、など。
 

携帯ショップ

 

ドラッグストア

 

駅の売店

携帯ショップ   ドラッグストア   駅の売店
 
 

カーショップ

 

 

 

 

カーショップ  
 
 
 
 
 
ディスプレイの問い合わせをする
 
 

このページの先頭に戻る