HOME > 製品紹介 > 特集

特集

オリジナルデザインサービスを、どの様にご活用いただくかのご提案です。
記録メディアは何度も繰り返し使うもの。そのたびにお客様の企業ロゴやメッセージなどに接触させることができます。
 
 

CASE1:使うことで、会話が生まれる。

CASE1:使うことで、会話が生まれる。  
たとえば、得意先でのプレゼンテーションのとき。サイフから何気なく取り出したカードUSBを使ったら、お客様とのあいだに会話が生まれるかもしれません。
 
「ひとつ差し上げましょうか」といって自社のロゴが刻まれたカードUSBをあげられたら、しめたもの。その商談は少し先に進んだはずです。
 
お問い合わせへ
 
 

CASE2:カードUSBは車と相性がいい?

CASE2:カードUSBは車と相性がいい?  

最新型のカードUSBは、高級嗜好品のプロモーションと好相性。

とりわけ、車のプロモーションなどには売ってつけです。

 
収集の要素を持たせたり、特殊な加工をしたり、集めたくなるような販促グッズを作りませんか?カードという形態をとるからこそ、キャンペーンに素敵な楽しさを付け加えられるのではないでしょうか。
 
お問い合わせへ
 
 

CASE3:卒業記念。思い出は、カードUSBに。

CASE3:卒業記念。思い出は、カードUSBに。  
カードUSBは、カバンよりもサイフや定期入れにしまうもの。つまり、日常に近い。ただの記録を収めた道具ではなく、なにかしら特別な思い入れを与える対象になりえるのです。
 
だとしたら、学校の卒業記念に皆の思い出を書き込んで、馴染みのデザインを施してみてはいかがでしょう。サイフからカードを出すたび、昔の友達を少しだけ思い出す。そんな企画も可能です。
 
お問い合わせへ
 
 

このページの先頭に戻る